Life is Beautiful..~ありのままの自分で~

ADHDでLGBTQ+な相原一希が日常を綴ります。病気のことからデジモノ、ラジオまで幅広く執筆していきます。

【32/100】kokua - Progressって神曲だと思ってる。

スガシカオさん率いる、kokuaというバンドのProgressという曲がいつも前向かなきゃなって思わせてくれる曲の1つです。

 

プロフェッショナル 仕事の流儀というNHKの番組の主題歌だから、

誰かしら聞いたことはあると思います。

 

 

仕事の流儀と呼べるほどのカッコいいものはありませんが、

自分が自分らしく居られる環境が今だと思っています。

 

 

個人事業主として、一配信者として、一リスナーとして・・・

 

 

あと一歩だけ前に進もう。

 


スガ シカオ / 復興支援スタジオLive「Progress」

 

 

メロディーもそうですが、

歌詞の内容もすごく良くて、現代のギスギスした世の中で忘れられた、

他人を思いやる気持ちや、気づけば誰かを見下している驕った自分。

 

そして今に不満を持っている自分と過去の自分との対比。

全然変わっちゃいないじゃん。っていう。

 

 

理想の自分ってもっとカッコよかったはずだけど、

今まで経験してきたことや、やってきたことを、”ジブン”と言うんだよって。

 

世界中にあふれているため息と、

君とぼくの甘酸っぱい挫折に捧ぐ・・・

”あと一歩だけ、前に 進もう”

 

ねぇ ぼくらがユメ見たのって

誰かと同じ色の未来じゃない

誰も知らない世界へ向かっていく勇気を

”ミライ”っていうらしい 

 

このサビの部分が凄く刺さります。

 

 

 

 

初心を忘れていないか?
今もう一歩踏み出す、前に進むことで見えてくる世界はあるんじゃないか?

 

そう諭されているように・・・

 

 

社会人を長いことやってると、ついつい役職や肩書が付いて、

傲慢な態度をとってしまう人も多いです。

 

 

また、会社単位の上下関係や、ステークホルダーの関係にあると、

ついつい、強気なことを言ってしまって、取引が無かったことになることも。

 

 

そういう驕り高ぶった態度を取ることが正義なのか?

金払ってやってるんだから、これくらいやってもらって当然。

 

みたいな、知らず知らずのうちに誰かを見下してしまっている。

そんな自分がカッコイイのかい?と襟を正される思いになります。

 

 

人間謙虚で居たいものです。