Life is Beautiful..~ありのままの自分で~

ADHDでバイセクシャル、トランスジェンダー(MtF)な相原一希が日常を綴ります。病気のことからデジモノまで幅広く執筆していきます。

DELLアンバサダー生活1日目【98/100】

皆様おはようございます。

 

デルアンバサダー生活1日目でございます。

 

本日レビューしていく機種はこちら!

 

f:id:aihara_kazuki:20210819084919j:plain



 

 

 

DELL XPS 13 プラチナモデル

 

CPU:Intel Core i7 1065G7 1.5GHz

RAM:DDR4-3733 16GB

SSD:Intel SSD PEMKF010T8 1TB

VGA:Intel Iris Plus Graphic(On Chip)

 

 

という構成。

 

10世代目から、G7とついているモデルは今までのグラフィクス性能が多少向上しているようですが、

 

まずはCPUの底力を見せてもらうために、CineBench R23

 

f:id:aihara_kazuki:20210819072705p:plain

シングルコアスコアは1063

1コアの性能は、初代Threadripperより少し高く、

i7 7700Kよりも若干劣るといった感じです。

 

f:id:aihara_kazuki:20210819072647p:plain

 

気になるマルチコア性能は・・・

スコア:2597

 

11世代目のCore i7 1165G7 よりも劣るのは仕方がないですが、

Core i7 4580HQよりも下というのは納得いかない(あ

 

第四世代のHQにも劣る。

 

 

つまりは、省電力に全力で振った結果、マルチコアはそんなに伸びないよ!ってこと。

 

 

これでじゃあ何か支障があるのかと言われれば、

ビジネスユースのユーザ目線で見ると、まったく困らないし、

むしろ、薄い、軽い、速い、バッテリーも持つ。

 

 

欠点は何も目立ってこないです。

 

 

この年代のPCともなると、給電はType-CでPDにも対応。

 

従来のUSB端子はドック、変換ケーブルなしでは利用できませんので、

マウスが使いたい、キーボードを別で用意したい場合は、

ほぼ例外なく、Bluetoothである必要があります。

 

 

ただ、XPSに関しては、タッチパネルに対応しているので、

スタイラスペンでも問題ないでしょう。

 

 

そして、気になるGraphic性能。

 

 

 

見せてもらおうかIris Plus Graphicの性能とやらを!

 

 

 

ということで、PSO2 NGSのベンチマークを設定3(ミドル~ミドルハイクラスのグラフィックボード設定)で回してみることに。

 

 

 

これは、キャプチャしたので、ご覧ください。

 

 

 

youtu.be

 

 

設定3のスコア! 475!

 

え?

 

ちょっと目がおかしいな。

 

 

475!

 

 

Iris Plusで Core i7 1065G7 の実力はこんなものでした。

 

画質を最低画質に落としてベンチマークを回しても、

 

「快適な動作を保証できません。すでに設定1の場合は動作が困難」という旨のメッセージが出る始末。

 

 

ほほお。

 

 

そりゃMacbookもM1に浮気するわな。

っていう私の感想。

 

 

XPS13でゲームがしたいと思う層がどれだけいるのかという話ではありますが、

少なくとも、APEXやらSteam系のゲームはもとより、

PSO2FF15などグラフィック性能がある程度必要なゲームについては、 

完全に動作しないわけではないですが、

 

 

確実に快適ではない。

 

 

ということをお伝えしておきます。

1TBのSSDを半分にして、その分GeForce GTX 1660くらいは積んで欲しかった。

 

2000、3000番台のGeForceとは言わない。

 

1660くらいのグラフィックを積んでくれたら、購入を考えようかなと、

オタク目線で見ると思いました。

 

 

ただ、従来のXPSと比べて、

軽量化、USB PDの対応、Windows Helloの対応、

ほぼ5ミリくらいの画面のベゼルなどなど、

ビジネスにあってほしい機能は一通り網羅されている感じではありますので、

ライトユースなら十分にこなせるというか、むしろ贅沢な装備です。

 

 

軽自動車に例えるならスライドドアから、ターボエンジン、アルミホイールなどなど、

外装部品にまでこだわった究極の1台のような感じでしょうか。

ただし軽自動車だす。みたいな。

 

 

Chromeでタブを20個とか開いて作業する方や、

動画編集をサクッと行いたい方は、買って損はないけど、過度な期待はするな。

 

 

といったところでしょうか。

 

 

価格も決して安くはないですが、

1TBのストレージを使い切るような作業をする方にとって、

XPSが最良の選択肢であるかと言われればNOです。

 

それだったらゲーミングPC、クリエイター向けPCを買ったほうが絶対いいです。

 

 

今回お借りしているXPS13については、長くビジネスで使いたい。

 

社員に持たせておきたい。

あるいは、大学生の子供に学校の講義やZOOM会議などで使えるように、

ということで親御さんがプレゼントする。

 

そんな感じでの利用が中心になろうかと思います。

 

そういった方には刺さる製品かと思いますが、

グラフィック性能にはがっかりしました。

 

 

Intelさんそういうとこやで!

 

 

今もベンチマークを終えてすぐに執筆しておりますが、

膝の上に抱えてはこの時期は特にやりたくないです。

 

 

熱すぎます。底面が。

 

 

なので、今回も辛口のレビューになりましたが、

内臓グラフィックチップの性能は、あくまで4K画質で映像がカクつかない、

デュアルモニタ環境でもサクサク動く程度のものであることは認識しておくべきかなと思います。

 

 

これから1か月かけて、ゴリゴリ使い倒してみますので、

次のレビューをお待ちください!

 

 

 

 

ランキング参加中なので、バナークリックで応援頂けると幸いです💕

👇👇


セクシャルマイノリティランキング

 

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村