相原一希 公式ブログ「Life is Beautiful.」

ADHD<注意欠陥・多動性障害>でLGBTQ+<性的マイノリティ>の 相原一希が日常を綴ります。

【祝500記事】2022年になり改めて人生の振り返りをしてみようと思った。

みなさまこんばんは相原一希です。

 

記念すべき?500記事目です。

 

長かったような短かったようないろいろと捉え方はありますが、

個人的には途中の中だるみの時期さえなければ、短かったような気がします。

 

100記事目が2020年9月

400記事目が2021年5月

2021年が記事数で言えば一番多かったと思います。

 

f:id:aihara_kazuki:20220108163812p:plain

途中の段階で取ったスクショがこれですが、

4000以上のスターを皆様から頂いて、本当にうれしい限りです。

 

 

そして、生産性のないブログかもしれないけれど、

継続して読んでくださっている皆様が居てくれることは何事にも代えがたい資産でございます。

 

本当にありがとうございます🙇‍♀️

 

この記事では過去の振り返り記事と重複する内容もあると思いますが、

幼少期から今に至るまでの振り返りをして行きたいと思います。

 

各章の見出しはこちら👇

気になるところから飛ばして読んじゃってください!

 

f:id:aihara_kazuki:20220116103640j:plain

 

1.この世に生を受けて、物心つくまで(幼稚園くらいまで)

 

ここらの記憶がある人がどれくらい居るのかわかりませんが、

私はほとんどありません。

母から聞いた内容がほとんどになりますが、

比較的手のかからない、特に酷い夜泣きなどもなく、落ち着いた子供時代だったようです。

 

とてつもなく、おばあちゃん子だったのは今も変わらずですけど。

 

それから、幼稚園に上がってからは、

女の子の友達と混ざって遊ぶことも多く、

男の子の友達は居たけれど、ママ友が集まるときに、

一緒に集まって行動する程度で、幼稚園に居るときは基本的に女の子とごっこ遊びをすることが多かったです。

 

プライベートな部分では、母親の化粧道具に興味があり、

リップを塗って遊んだり、マニキュアを塗って見たりなど、

私も大きくなったら、メイクするのかな?なんて思って勝手に使って

怒られたりしたこともしばしばありました。

 

 

2.小学生〜中学に上がるまで

小学校でも、女の子の友達が多く、

外でボール遊び、鬼ごっこみたいなアクティブな感じではあまりなく、

どちらかと言えば、図書室に籠もってわちゃわちゃしたかった小学校時代でした。

 

また、私服だったこともあり、制服が嫌だ・・・。とかはなかったのですけど、

女の子に生まれれば良かったのに。と言われるくらいに、世話好きで面倒見がよかったのはかすかに覚えて居ます。

 

3.中学校時代

人生で初めての、いじめに遭遇。

女々しくて、気持ち悪がられたりして、割と酷い扱いを受けたものです。

中学は制服だったので、スカートに対しての憧れはあったけれど、

それは多分タブーだという刷り込みではないけれど、

まだトランスジェンダーとか、LGBTQ+とかが今ほど知識としてなかったので、

制服がどうこうということを口に出したりはしなかったです。

 

このときに好きになった男子・女子も居ましたが、

結局交際までには至らず、片思いなまま終了という感じでした。

 

好きになった男子にも思いを伝えることはありませんでした。

それは、あってはならないことだと思いこんでいたもので。

 

 

3.高校生時代〜大学時代

高校に上がっても制服に対してのジレンマはありましたが、

成長期ということで、声も太くなり、体毛も生えてくるようになってからは、

それが嫌でめちゃくちゃ剃って居ました。

 

このときに、大学の先輩と知り合って、初めて男性とお付き合いすることに。

世間的には、大学の女性の先輩とということになっていました。

 

このことは、カミングアウトするまで両親は知りませんでした。

クラスで学級委員をするくらいに、目立ちたがり屋に変わったのはこの頃で、

パソコンに魂を本格的に売り出したのもこの頃でした。

 

アルバイトも始めて、バイトリーダーみたいなものを任せてもらえるくらいに、

向上心はあったように思います。

 

レーニング係というような感じで、後輩の面倒を見たりしていました。

 

大学に入ってからもバイトは継続して、

中退して就職が決まるまでは、某スーパーのレジ・サービスカウンターでお仕事してました。

 

大学では、親しい友人も数人できましたが、今はちょっと疎遠になっている人がおおいかな。

 

4.初の社会人でブラック企業に当たる

新卒扱いでもなんでもなく、中途採用扱いで始めての社会人としての勤務。

試用期間中は、定時で出勤・退勤ができていましたが、

本採用になってから、初日に店長から、

明日は7時出社で、タイムカードは10時に切って、18時に退勤しなさい。

 

これは自己啓発活動だから、みんなやってる。

だから、明日からは7時出社だ。

 

と言われて???となったけど、

あーそうなんですね。じゃあ7時に来ます。

 

みたいな感じやったんですけど、

だんだんサービス残業の時間が日に日に増え、

思考能力も低下し、物忘れ、発注ミス等々があり、

この頃には、月の労働時間が220時間を超えている状態でした。

 

上司から怒鳴り散らされたり、パートの主婦さんから白い目で見られたりすることも増え、次第に出社するたびに、動悸がするようになり、

ついには、出勤不可能になるくらい体が拒否反応を示すようになり、

心療内科を受診して、自律神経失調症との診断を受け、

会社にその旨伝えて、退職を申し出ました。

 

5.約1年のニート生活と京都へ出る決意

退職後も精神安定剤の軽いものを頓服で服用している状態で、

1年ほど休養と、祖母が入退院を繰り返していたので、

付き添いで病院に行ったりすることも多かったので、

実家で家事全般等々をして約1年過ごし、

同時期に、弟が京都の大学へ進学したこともあり、気分転換も兼ねて京都に居候しに行きました。

 

流石に無職で居候は気分的にもアレだったので、

某大手中古書店で働く決意をしました。

 

6.バイトから正社員へ

バイト(1年程度)ですでにリーダー的ポジションに置いてもらっていたこともあり、

そのまま正社員として登用していただき、

経営についてや、損益、マナー研修等の基礎を叩き込んでもらったような感じでした。

 

始めて正社員として任せてもらった店舗が滋賀だったのですけど、

電車からのバスで遠すぎてめちゃくちゃ遅刻してました。

 

中古車の購入も考えましたが、

当時の手取り月給と駐車場の賃料を考えるととてもじゃないけど手が出なかったです。

 

この頃に、バイト時代に知り合った、女性と交際をスタート。

女性と付き合うことで、自分の価値観が変わるかもしれないと思ったのですけど、

それがかえって仇となり、体の性別と、心の性別が違うという現実を叩きつけられたそんな感じでした。

 

本人には流石に言えませんでした。

 

そのまま転勤を何度か繰り返して、最後辞めるキッカケになったのが、

最後に一緒に仕事をすることになった上長とソリが合わなかったことと、

ストレスから、うつ病を発症したことで、2ヶ月休養期間をもらいましたが、

退職を決意。

 

自分の居場所なんてどこにもなかった。

そんな虚無感を感じてしまったのが一番大きいです。

 

7.職を転々とする日々で発覚したADHD(注意欠陥・多動性障害)

いろいろと職を転々とし、京都から大阪へと転居し、発覚したADHD

 

はじめはうつ病のせいで、朝が起きられなかったり、物忘れやケアレスミスをするものだと思いこんで居たのですが、

 

ある時、主治医から、ADHDの診断を受けてみてください。

と紹介されたのが、この間年末に火災で焼けた、

 

西梅田こころとからだのクリニック

 

先生には本当に良くしてくださって今でも思い出します。

お亡くなりになられて本当に残念です。

当時の先生の名前の入った診断書は今も取ってあります。

 

ここでADHDの診断を受ける。

2017年12月25日

 

この頃からストラテラを服用し始めて、今に至りますが、

なかなか、うつ病も含めて薬をへらすフェーズには入って行けていないのが現状です。

 

8.なかなか決まらない就職先

最後に正社員で働いていた会社が、割とヤバい会社で、

そこを早々に退職してから、次を探して居ましたが、

1年以上続いた会社があまりにも少なすぎて、書類選考でバッサリ切り落とされる日々。

 

そして、彼女との関係を解消。

 

失業給付金をもらいながら、生活をしていましたが、

このタイミングで、知人に騙され、なにもかもがどうでもよくなり、

服薬自殺を試みました。

 

結果として今生きているわけですので、未遂に終わりました。

 

気づいたら病院のベッドだったときに、

生きて帰ったことをひどく後悔しました。

 

 

そして、不安定な体調もありましたし、失業給付の残り日数も少なくなってきたこともあり、辛うじてWebで案件を獲得して仕事ができる状態ではあったので、

このまま見つからないようなら、独立しようと思った時期でもあります。

 

9.独立&実家に帰省

ちょうどこの頃、実家の売却の話が出てきて、

ローンと売却価格がちょうどトントンくらいだったようなので、

なんの未練もないから、売っちゃえ!ということで、

売却に向けての話を進めつつ、2020年1月の下旬に独立開業。

 

それから、しばらくしてコロナ禍に突入していくわけです。

 

本格的に帰省したのは、3月ごろになります。

事務所も今の住所に移し、活動をスタート。

 

仕事面では、ポツポツと案件は取れていたので、

辛うじて生活はできて居ましたが、

固定給のありがたみを改めて知らしめられたそんな時期でもありました。

 

そして、8月ごろに同性のパートナーができて、

しばらく交際しましたが、私が猛烈に病んでいたこともあり、9ヶ月ほどで関係を解消しました。

 

それから、私の生き方について真面目に考え始めたときに、

自分の心の性別と、体の性別の違和感をずっとむかしから抱えて生きてきた事実というのもありましたし、

 

この体で老いていくのか。と思ったときに、それは私にとって耐え難い事実だった。

変えられるのなら、心と同じ性別で有りたいと強く思うようになり、

2021年6月から岡山大学ジェンダーセンターの門を叩いて、受診。

 

 

GIDであるという診断を受け、この1月下旬からホルモン投与がスタートします。

 

10.まとめ

 

こうやって時系列で書いていくと、

本当にロクでもない人生だったなぁと思うばかりですが、

 

ただ、今は自分に嘘をつかないように生きようと思える、

いわゆるポジティブ思考で居られるのは、本当に皆様のおかげだし、

カミングアウトしたときに、受け入れてくれた家族のおかげでもあります。

 

 

結局色んな人に支えてもらって今がある。

 

 

命は大切にしなきゃいけないし、体も大切にしなきゃいけない。

でも私は今の自分の心と身体のギャップが常に違和感としてあって、

それを隠して30数年生きてきたわけですから、その部分と真剣に向き合えたのは、

自分を褒めてあげたいと唯一思います。

 

 

LGBTQ+について取り上げられるようになってから、

いろんな方の話や、Youtubeなどで当事者の方の話を見聞きするうちに、

やっぱり私も、後悔しない生き方をしたい。と強く思うようになり、

こうしてブログで情報を発信しています。

 

 

近日中に純粋な男としての最後を迎えるにあたり、

Youtubeに動画をアップしたいと思っています。

あとは、歌ってみた企画なども徐々に挑戦して行こうと思っています。

Youtuberになるわけではありませんが、

今この瞬間の声、姿は見納めになるかもしれないので、その姿を切り取って残しておこうと思います。

 

約5500文字近い文章を書いてしまって、若干の申し訳なさを感じてますが🙏

 

ただ、私が生きてきた人生の振り返りをするにはちょうどよい機会かと思いまして、

改めて500記事目で振り返って見ました。

 

私は、LGBTQ+当事者の一人として、

そして個人事業主の一人として、いろんな側面を持って居ます。

 

もしいま私はトランスジェンダーかもしれない。と思っている方や、

同じトランスジェンダーの方もいるかも知れませんが、

一度しかない人生ですので、どういう道を選ぼうが皆様の自由です。

 

ただ、違和感が潜在的に存在していることから、

うつ病などを発症するケースもあるということを聞いたことがあります。

 

もし皆さんの中で、生きることが辛いとか思ってる方がいれば、

死ぬのは簡単そうで実はめちゃくちゃ難しい。

 

神様が、今をしっかり生きろ。

と言ってるんじゃないかと思うくらい難しい。

 

普通に、生きることは難しいけれど、

生きていれば、何かしらのチャンスもあるし、

失敗して怖気づくこともあるけれど、

敷かれたレールからあえて脱線してみるのも人生だと思います。

 

思い込みや、世間の目なんか気にせずありのままに生きてみたらどうでしょうか?

 

そうすると、自分が考えていた人生って思ったよりも、

イージーモードかもしれません。

 

 

死んだらそのままチャレンジする権利を失ってしまうので、

そんなときは、逃げてしまえば良い。

借金があって苦しいなら、自己破産すりゃいい。

DV被害にあってるなら、関係を解消すりゃいいし、逃げれば良い。

 

 

あ、私実は自己破産経験者なので、何らかのアドバイスできるかもしれませんし。

 

 

そんなどうしようもないクズですけど、

社会の一助として歯車としてなんとか役割は果たしているんじゃないだろうかと思っています。

 

長々と振り返りの文章にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

 

皆様の人生の振り返りの文章についても機会があれば教えてほしいです!

私もブログで書いてるよ!って方はぜひコメントで教えてください!

 

TwitterのDM開放しているので、

もしはけ口がない方は、ぜひ▶Twitterまで!

 

あと最後にお願い!👇

 

ランキング参加中ですので、クリックして応援していただけると、

飛んで喜びます❤

 

👇バナークリックよろしくお願いします

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 


セクシャルマイノリティランキング

 

 

 

過去の振り返り記事はこちら👇

aihara-kazuki.info

aihara-kazuki.info

aihara-kazuki.info